USキーボードでアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]が入力できない

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

はじめに

ワイヤレスキーボードを購入するとき、その安さと小ささからUS(英語配列)キーボードを選ぶことも多いと思います。

 

日本語入力に「かな入力」(キーボード上のかな文字の通りに入力)を使っている人はほとんどいないと思うので、基本的にはUSキーボードを日本語キーボードとして使っても問題ないのですが、そのままだとアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]が入力できません。

 

USキーボードもちゃんと使いこなせば全然不便じゃないよ、というのが今回のお話。

 

結論

「地域と言語」の設定画面でEnglish(英語)を追加する。

(詳しい設定方法は後述します)

 

 

経緯

格安でWindowsタブレットを手に入れたのですが、如何せんキーボードが無いと不便なので購入することにしました。

 

せっかくのタブレットなので、出来れば持ち運びに便利なように小さくて軽いものを選びたいところですが、せっかく格安で買ったのにキーボードにお金をかけたくない!

 

というわけで、値段もサイズもお手頃なAnkerのキーボードを選びました。

2千円以下で買えて、小さくて軽いのにキーピッチが広く使いやすい優れものです。

 

但し、欠点もあります。そう、USキーボードなのです。

あるときメールアドレスを手打ちしていると、ふとアットマーク(@)が入力できないことに気付きました。日本語キーボードとはキーの配置が違うのです。

 

具体的なキー配置の違いはこちらが詳しいです。

blog.jnito.com

 

これを解決する方法としては、

  • 「きごう」と入力してから変換する
  • よく使う記号を辞書登録してしまう

などがありますが、「きごう」で変換すると候補が膨大で探すのも一苦労なのと、「アットマーク」などで辞書登録しても結局変換しないといけないので、あまり効率が良くないです。

 

まあ、いつも同じ記号しか使わないなら予測変換が効くので辞書登録もアリかもしれません。辞書登録のやり方はこちらをご参考ください。

www.uragaminote.com

 

ただ、私はプログラマーという職業上、コードやコマンドで結構な種類の記号キーを使うので、辞書登録では汎用性が無く不便です。

 

もっと汎用性があって簡単な方法はないかと探していると、こんな記事を発見!

qiita.com

 

設定でキーボードレイアウトをUSキーボードに変更するというものですが、やりたい事には近いものの、変更後にサインアウトが必要になるなど手間も多いです。

 

そこで他の方法がないか色々試していると、遂に最も簡単な方法に辿り着きました。

まずは上の方法と同じく「地域と言語」の設定画面を開きます。

Windows10で探しにくい設定やペイントを呼び出すときは、以前に紹介したCortana(コルタナ)さんが役に立ちます。 

grum.hatenablog.com

 

こんな風にコルタナさんに聞けば一発で開けます。

f:id:grum:20171013002920p:plain

 

この「地域と言語」の設定画面でEnglish(英語)を追加します。

f:id:grum:20171013002911p:plain

 

すると、Windowsのタスクバーに選択言語のアイコンが表示されるようになります。

f:id:grum:20171013003655p:plain

 

吹き出しにも表示されている通り、Windowsキー+Spaceキーを押せば日本語⇔英語をすぐに切り替えられます。

f:id:grum:20171013003659p:plain

 

というわけで、USキーボードで普段は日本語入力しながら、必要な時に英語入力に切り替えてアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]も簡単に入力できるようになりました。めでたしめでたし。

 

 

まとめ

簡単に切り替えられるようになったことで、プログラミング時はほとんど英語入力を使うようになりました。

 

その理由として、プログラミング時には日本語入力をほとんど使わないこともありますが、どうやらプログラミングによく使うキーはUSキーボードを基本に考えられているらしく、英語配列の方がスムーズに打てる場合が多いです。

 

考えてみれば、プログラミング言語の大半は英語圏で開発されたものであり、また英字(アルファベット)以外でコードを書くこともまず無いので、当然と言えば当然かもしれませんね。

 


 

GCPでDaaS(Ubuntu16.04のデスクトップを動かしてみた)

プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門 サービスの全体像からクラウドネイティブアプリケーション構築まで

はじめに

現在クラウドプラットフォームと言えば、AmazonAWSが圧倒的なシェアを占めています。

www.businessinsider.jp

 

AWSでもDaaS(仮想デスクトップ環境)に相当するWorkSpacesというサービスを提供しています。

aws.amazon.com

 

ただ、私は以前にAWSを使ってみた際に、何となく合わない感じがしてしまい、それ以来使っていませんでした。

grum.hatenablog.com

 

数年前までは正直AmazonAWS)以外の選択肢はあり得ませんでしたが、今はMicrosoft(Azure)やGoogleGCP)もかなりのレベルに到達してきたようです。

 

というわけで、以前に懲りたAWSでなく、GCPで話題のDaaSに挑戦してみたよ、というのが今回のお話。

 

 

結論

これからはPCレス(DaaS+iPadとか)もアリだと思います。

(但し、DaaSの料金はまだちょっとお高い。。)

 

経緯

GCPUbuntuのデスクトップを利用する際は以下の情報を参考にセットアップしました。(細かく書くの面倒くさかったので結構ざっくりです。。)

cloud.google.com

 

blog.amedama.jp


vnc4serverのインストールが必要になるので、VPCネットワークよりファイアウォールルールの設定とVMインスタンスのネットワークタグにvnc-serverを追加します。

www.apps-gcp.com

 

途中でvimを使いますが、使い方を忘れてしまったのでここを参照。

qiita.com

 

Unencrypted connectionの警告が出て焦りますが、無料版では暗号化できないので無視して良いそうです。

www.checksite.jp

 

で、一応つながったんですが、なぜかチェックボックスが3つ並んだ画面しか出ないので、gnomeに切り替えてみました。(vncではunity不可との情報も)

askubuntu.com

 

すると、かなり寂しげな画面ですが一応つながりました。(本当は画面キャプチャがあればよかったのですが。。すみません。。)

 

使い終わったら課金されないようVMインスタンスを停止しておくのをお忘れなく!停止状態からでも30秒程度で起動できるので、それほど問題にはならないです。

なお、ストレージは削除しない限り停止状態でも延々と課金されるので、不要になったら確実に削除するようにしてください。

 

また、特に設定しない限り、再起動後はsshからvncseverの起動が必要となります。

再起動の度にグローバルIP(外部IP)が変更されるため、VNCViewerの設定変更も必要となります。固定IPを割り当てれば大丈夫ですが、別途料金がかかるはずです。

 

なお、VMの起動やSSHでの接続などは、全てCloud Console(Androidアプリ)で実行可能です。(それでも面倒くさいことには変わりませんが。。)

 

まとめ

ちなみに利用料金は、vCPUx2 Mem13GB SSD20GBで12時間くらい動かして、大体¥170くらいでした。Windowsだとライセンス料がかかるのでさらに高くなるはずです。(たぶん倍くらい)

なので、1ヶ月に20日間使うとして月々3,500円くらいなので年間だと4万円強になります。2年以上使うならMacbookAirを買った方が安いですね。

 

ただ、普段はPCで作業することはないがたまにPCでの作業が必要になる、といった人はDaaSの方が圧倒的に安くつく可能性が高く、PCの置くための場所も取らないので、結構メリットがあると思います。

私はプログラマーしか経験が無いのでよくわかりませんが、営業や店舗スタッフなどでは普段はスマホタブレットで情報をやり取りし、日次や月末の締め処理だけDaaSのPCで1~2時間作業するというケースもあるかもしれませんね。