USキーボードでアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]が入力できない

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows に対応 ホワイト

はじめに

ワイヤレスキーボードを購入するとき、その安さと小ささからUS(英語配列)キーボードを選ぶことも多いと思います。

 

日本語入力に「かな入力」(キーボード上のかな文字の通りに入力)を使っている人はほとんどいないと思うので、基本的にはUSキーボードを日本語キーボードとして使っても問題ないのですが、そのままだとアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]が入力できません。

 

USキーボードもちゃんと使いこなせば全然不便じゃないよ、というのが今回のお話。

 

結論

「地域と言語」の設定画面でEnglish(英語)を追加する。

(詳しい設定方法は後述します)

 

 

経緯

格安でWindowsタブレットを手に入れたのですが、如何せんキーボードが無いと不便なので購入することにしました。

 

せっかくのタブレットなので、出来れば持ち運びに便利なように小さくて軽いものを選びたいところですが、せっかく格安で買ったのにキーボードにお金をかけたくない!

 

というわけで、値段もサイズもお手頃なAnkerのキーボードを選びました。

2千円以下で買えて、小さくて軽いのにキーピッチが広く使いやすい優れものです。

 

但し、欠点もあります。そう、USキーボードなのです。

あるときメールアドレスを手打ちしていると、ふとアットマーク(@)が入力できないことに気付きました。日本語キーボードとはキーの配置が違うのです。

 

具体的なキー配置の違いはこちらが詳しいです。

blog.jnito.com

 

これを解決する方法としては、

  • 「きごう」と入力してから変換する
  • よく使う記号を辞書登録してしまう

などがありますが、「きごう」で変換すると候補が膨大で探すのも一苦労なのと、「アットマーク」などで辞書登録しても結局変換しないといけないので、あまり効率が良くないです。

 

まあ、いつも同じ記号しか使わないなら予測変換が効くので辞書登録もアリかもしれません。辞書登録のやり方はこちらをご参考ください。

www.uragaminote.com

 

ただ、私はプログラマーという職業上、コードやコマンドで結構な種類の記号キーを使うので、辞書登録では汎用性が無く不便です。

 

もっと汎用性があって簡単な方法はないかと探していると、こんな記事を発見!

qiita.com

 

設定でキーボードレイアウトをUSキーボードに変更するというものですが、やりたい事には近いものの、変更後にサインアウトが必要になるなど手間も多いです。

 

そこで他の方法がないか色々試していると、遂に最も簡単な方法に辿り着きました。

まずは上の方法と同じく「地域と言語」の設定画面を開きます。

Windows10で探しにくい設定やペイントを呼び出すときは、以前に紹介したCortana(コルタナ)さんが役に立ちます。 

grum.hatenablog.com

 

こんな風にコルタナさんに聞けば一発で開けます。

f:id:grum:20171013002920p:plain

 

この「地域と言語」の設定画面でEnglish(英語)を追加します。

f:id:grum:20171013002911p:plain

 

すると、Windowsのタスクバーに選択言語のアイコンが表示されるようになります。

f:id:grum:20171013003655p:plain

 

吹き出しにも表示されている通り、Windowsキー+Spaceキーを押せば日本語⇔英語をすぐに切り替えられます。

f:id:grum:20171013003659p:plain

 

というわけで、USキーボードで普段は日本語入力しながら、必要な時に英語入力に切り替えてアットマーク[ @ ]やアンダーバー[ _ ]も簡単に入力できるようになりました。めでたしめでたし。

 

 

まとめ

簡単に切り替えられるようになったことで、プログラミング時はほとんど英語入力を使うようになりました。

 

その理由として、プログラミング時には日本語入力をほとんど使わないこともありますが、どうやらプログラミングによく使うキーはUSキーボードを基本に考えられているらしく、英語配列の方がスムーズに打てる場合が多いです。

 

考えてみれば、プログラミング言語の大半は英語圏で開発されたものであり、また英字(アルファベット)以外でコードを書くこともまず無いので、当然と言えば当然かもしれませんね。

 


 

就職・転職が決まったけど家族に反対されている人へのアドバイス

フィッシャープライス 1才からのメガブロック 80個バック ピンク DCH62

はじめに

昨年暮れに20年近く勤めた会社を辞めて転職しました。

理由は・・・なんか飽きちゃったんで(笑)

 

「妻子持ちなのにそんな理由で!」と怒られそうですが、もちろん奥さんにそんな理由を告げようものなら嫁ブロックの発動確定です!

 

というわけで、攻撃は最大の防御、私はこうして嫁ブロックを突破した、と言うのが今回のお話。

 

結論

奥さんをクライアントに見立てて、転職するメリットを全力でプレゼンする!

(わかりやすくまとめたプレゼン資料も作る!もちろん多少の脚色はアリ!)

 

 

経緯

先に述べたように前の会社での仕事に飽きていたので、まずは軽いノリで転職エージェント数社に登録しました。

 

レバテックはフリーランスの間では有名みたいで、フリーランスへの案件紹介(仲介)なんかもやってます。

【レバテックキャリア】

 

面白そうなんで色々話を聞いてみたんですが、私のスキル不足のせいもあって金額面で折り合わなくて途中で止めちゃいました。

 

ギークリーもエンジニアの間では結構有名だと思います。有名企業や年収の高い求人を数多く扱っていますね。

株式会社ギークリー

 

以前から知っていたので今回使ってみたんですが、私には紹介される求人数が多過ぎたり、有名企業過ぎたりして、ちょっと合わない感じだったのでやっぱり途中で止めちゃいました。

 

最後にアイムファクトリー、正直私は知りませんでした。選んだ理由は前の会社から徒歩でいけるくらい近かったから。

選ばれて10年。エンジニアの気持ちが分かる転職エージェントは【アイムファクトリー】

 

結果的にはここで転職を決めました!

そんなに大手じゃないみたいですが、ちゃんとこちらの希望を聞いてくれて、その通りの求人を紹介してくれました。応募を無理強いしたり急かしたりしないでくれたのもやりやすかったです。

「そんなの当たり前だろ!」って言われそうですが、そうじゃないエージェントも意外と多いんですよね。

 

で、新しい会社での仕事内容は希望にバッチリ合ってたんですが、いくつか懸念される点もありました。

その中でも特に懸念される点としては、

  • 今より年収が10%近くダウンする
  • 今より確実に忙しくなる

という点です。

 

うん、嫁ブロックの発動条件を見事に満たしていますね。

この内容をそのまま伝えても、まず奥さんからOKはもらえなそうです。

 

というわけで、新しい会社で(私じゃなく)奥さんが喜びそうなことを探してみました。

奥さんが喜びそうな点としては、

  • 今より通勤時間が短くなる
  • 今より出社時間が遅くなる
  • 今より勤務時間の調整がしやすくなる
  • 今より将来的な昇給の見込みが上がる
  • 今より豪華な保養所が使えるようになる

という点がありました。

 

これらの「奥さんが喜びそうな点」を上手くアピールしつつ、「懸念される点」のデメリットをなるべく目立たないように見せることが必要になりますね。

 

まず、何といっても最大の懸念点は年収ダウンでしょう。これをどうにか上手く説明しないといけません。

そこで私は「一時的な年収ダウンは将来の昇給で帳消しされる。むしろ長期的に見れば今のままの方がジリ貧になる」という論法で説得することにしました。

 

また、今より忙しくなる点については、今より通勤時間が短くなることと出社時間が遅くなることで、むしろ朝の忙しい時間帯に家事を手伝う時間が増えるとアピールすることにしました。

 

これらを単なる言葉の羅列でなく、具体的にどのくらいの期間でどのくらいの金額や時間を得られるのかといったシミュレーション結果をエクセルやパワポの資料にまとめておき、奥さんにはこれらの資料も駆使しながら丁寧に説明しました。

(もちろんビジネスと同様にこちらの意図に合わせた資料としてOK!)

 

そして、奥さんからも無事転職のオッケーをもらいました。

というわけで、晴れて転職することができましたとさ、めでたしめでたし。

 

まとめ

後日奥さんに転職をオッケーした決め手を聞いてみたんですが、決め手は説明や資料の内容ではなく、私が説明や資料作りにきちんと時間をかけていたことだったそうです。

 

うちの奥さんには非IT業界出身のため、IT業界の動向や仕事内容は聞いたところで正直よくわからないとのこと。

ただ、私がこれだけ一生懸命に資料を準備して説明するからには、よくよく考えてのことなんだろうと感じたとのことでした。

 

なんか私の当初の狙いとは違ってましたが、結果的に熱意は通じたようです。

意味なんてわからなくても熱意は通じるってことなんでしょうね。

 

(今回お世話になった転職エージェント)

【レバテックキャリア】

株式会社ギークリー

選ばれて10年。エンジニアの気持ちが分かる転職エージェントは【アイムファクトリー】